男の子のランドセル選びは耐久性も考慮しよう

女の子への贈り物

羽子板

魔除けとして古くから、女の子が生まれるとお正月などに贈られてきた羽子板。その歴史は古く、平安時代ごろから魔除けとしてお正月に行なわれてきた神事が元になっています。今のように、華やかな飾り羽子板を、女の子の出産祝いに贈るようになったのは、江戸時代ごろからといわれています。飾り羽子板には、日本画風の人形や、現代よりの可愛らしい振り袖姿の少女人形がついているものなど、今やさまざまな羽子板があります。フリルなどのついたやや洋風な羽子板など、そのデザインは作者によっても大きく異なります。人形部分のデザインとしては、スタンダードな日本髪から、現代の成人式のようなヘアスタイルになっているものまであります。時代に連れてそのデザインも、幅広く展開しているようです。顔立ちも面長で、すらっとした切れ長の目をもつ日本画のような美人人形だけではありません。現在では、大きな目と小さな口の西洋人形のようなタイプの顔立ちの人形もあります。消費者や、受け取る子どもの好みに合わせて、羽子板を選ぶのも良いでしょう。花や飾り紐、華やかな柄の着物などで、きれいに装飾された羽子板は、飾りにもオシャレです。また、サイズの大きなものだけでなく、省スペースの小さなものなどもあるので、置き場所に合った羽子板を探すのも良いでしょう。価格もデザインや材質などで大きく異なるので、ショップのサイトなどから、デザインや材質、価格などをチェックして選ぶと良いでしょう。